主婦投資家の家計術

子供3人+専業主婦の家計管理と株式投資

MENU

普通の主婦が1年間で株式投資で得た利益はいくらか?「不労所得の必要性は誰にでもある」

f:id:gonengomogenki:20200614121905j:plain

 

f:id:gonengomogenki:20200518100523j:plain

こんにちは。ぴぐみです

 

今回は普通の専業主婦ぴぐみが、1年間に株式投資で得た利益についてまとめてみたいと思います。

 

1年間のデータは2019年6月の半ばから今日までとします。

 

スポンサーリンク

 

 

株式投資を2年間休んでいた

何でこんな6月の半ばという中途半端な時で区切っているのか?

疑問に思われた方に補足させて頂きます。

 

これまでの記事でぴぐみは癌患者である事はお伝えしてきました。

癌になった2017年から長い入院生活に入り退院したのが2019年の1月でした。

 

だからそれまでは株式投資どころではなく、株価チェック等も含め全ての投資活動を休止していました。

自宅に届いていた外食などの優待券は家族が消費していました。

 

子供3人居てるファミリーの専業主婦が癌で1年以上も自宅に不在の状況で、入院先の病院で株式投資する強靭なメンタルはさすがに持ち合わせていませんでした(笑)

 

その後、無事に退院し自宅での生活にも慣れ2019年6月に家計管理や株式投資を再開したという流れなのです。

 

そして株式投資を再開してから1年経ったという訳です(*^-^*)

 

f:id:gonengomogenki:20200518100535p:plain
ぴぐ娘

なるほど~。
だから今日までの1年間の利益なのね!

 

未成年特定口座源泉徴収ありで運用

ぴぐみ家で開設している証券口座はこちら

夫(特定口座)
長女(未成年特定口座+ジュニアNISA)
長男(未成年特定口座+ジュニアNISA)

夫の口座にも資金はありますが売買は行っていませんでした。 

今回の利益は教育費の運用をしている長女と長男の口座分とします。

 

長女特定口座分

f:id:gonengomogenki:20200618211746j:plain

 

長女の特定口座分は1年間で497,377円、税金が101,022円。

 

長男特定口座分

f:id:gonengomogenki:20200618212120j:plain

 

長男の特定口座分は1年間で103,108円、税金が20,943円。

スポンサーリンク

 

 

1年間でもらった株式配当金

長女口座配当金

f:id:gonengomogenki:20200618213132j:plain

 

長女の配当金の入金額は66,571円

 

長男口座配当金

f:id:gonengomogenki:20200618212739p:plain

 

長男の配当金の入金額は25,765円

 

NISAの非課税メリット「株式比例配分方式」

配当金は証券口座で受け取る 「株式比例配分方式」を選択しています。

ですから税金を引かれた金額が入金されています。

 

昔は郵便局で現金で配当金を受け取り、その有難みを手に取り実感していました。

 

NISAが開始されてから配当金の受け取り方法を「株式比例配分方式」にしました。

何故ならそれ以外の方法では非課税メリットを受けることができないからです。

 

⚠郵便局で現金で受け取る方法や銀行振り込みの場合、NISAの非課税メリットが受けられず配当金額に20%の課税をされてしまうので注意して下さい!

スポンサーリンク

 

 

 

ジュニアNISA利用で節税運用して利益を出す

ジュニアNISA口座は年度ごとの区切りでしか損益を表示できませんでした。

だから2016年の口座開設からの取引分を掲載します。

 

2016年に開始されたジュニアNISAをすぐに開設し、主に個別株式で取引を行ってきました。

 

2017年の夏に癌で緊急入院してから2年間の休みを経て、特定口座と同じく2019年の6月に再開しました。

 

投資再開後は、NISA口座分は個別銘柄の購入はやめ、保有コストの低いイーマクシススリムの投資信託で運用を行っています。

 

長女のジュニアNISA口座

f:id:gonengomogenki:20200614152930j:plain

 

今回の記事のテーマは「1年間の利益」なので、2020年度の売却益で計算します。

長女のジュニアNISA利益は5,835円

 

長男のジュニアNISA口座

f:id:gonengomogenki:20200614154434j:plain

 

長男のジュニアNISA利益は16,061円

 

専業主婦が癌で投資活動を休止し再開後の1年間の利益

これらをまとめると..

f:id:gonengomogenki:20200618213621j:plain

 

税引き後の実際の利益は1年間で592,752円となりました。

 

12ヶ月で割ると1カ月当たり49,396円です。

元々パート専業主婦だったぴぐみの以前のパート収入を上回っているので、これでよしとします(^^;)

 

2017年までは配当収入だけで30万(税引き後)近くあったので、本当はもう少し頑張りたいところですが💧

スポンサーリンク

 

 

 

不労所得収入を増やす必要性は誰にでもある

ぴぐみは不労所得による収入を増やすことは、子供が生まれてから大切だなと思い株式投資を続けてきました。

 

コロナで失業した方や減給になった方などのニュースを見ていると、収入減などのリスクはぴぐみのような病気だけではないなと思います。

 

コロナにより何が起こるかわからない事態を国民の皆が体験したのです。

国の支援である特別給付金はぴぐみ家は50万頂けます。

 

だけど、手放しで喜べないです。

将来、現在の子供達に国の借金のツケが回ってくるのです。

 

このような経験をしたからこそ国の支援だけに頼らず、労働収入以外でも収入を得る事の必要性を考える方が増えたらいいなと思います。

 

まとめ「今後の目標」

以上、主婦が1年間で株式投資で得た利益は約60万円でした。

 

ぴぐみ家の場合、2020年の1月から家計簿上では赤字が続いています。

生活防衛資金として夫の年収分は用意していますので、実際には貯蓄額から目減りしている状態です。

 

◆関連記事◆ 【家計簿公開】2020年5月「今月も支出が膨大で今年の赤字額が60万超に」

 

5月末時点で赤字額が60万なので、ちょうど不労所得で補っている計算になります(^^;)

ピッタリすぎて怖い( ̄▽ ̄;)

 

2020年度末の時点で家計は赤字にならないこと!
もう少し不労所得を増やす事!

この2点を目標にして2020年の残り半年を過ごしたいです!!

 

f:id:gonengomogenki:20200518100535p:plain
ぴぐ娘

まぁ、寝ている間にお金が増えるって有難いことよね!

 

 

◆関連記事◆ 【アプリ✖エクセル】子供3人がいる生活費ってどれくらい?実際の家計簿公開

45歳専業主婦の年金見込み試算額「60歳に繰り上げるといくら?封書で届いたねんきん定期便」