主婦投資家の家計術

子供3人+専業主婦の家計管理と株式投資

MENU

高校生にiPhone11は贅沢だけど高価な物を持ち歩く重みを理解した上で購入

f:id:gonengomogenki:20200612214126j:plain

 

f:id:gonengomogenki:20200518100523j:plain

こんにちは。ぴぐみです

 

高校生の長女が念願のiPhoneを手に入れました。

 

昔からAndroid一家のぴぐみ家は、これまでiPhoneにあまり興味もなくスマホは検索とLINEができればよいと思っていました。

 

しかし、一年ほど前にiPad(第6世代の低価格のもの)を購入してから、その使いやすさに感動しました。

 

 

そして遂に高校生になった長女がiPhoneが欲しいと言い出したのです。

スポンサーリンク

 

 

女子高生のiPhone保有率

長女は幼い時から物欲がなく、弟達と違い「あれ欲しいこれ欲しい」と言わない子供でした。

 

そんな長女が2ヶ月くらい前に..

 

f:id:gonengomogenki:20200518100535p:plain
ぴぐ娘

女子高生のiPhone保有率8割超えやで!

 

こんな話を持ち掛けてきました。

長女のスマホはAndroidの富士通arrowsで中学1年生の夏に購入。

 

3年経過ですが壊れていません。

高校生にiPhoneは高価で贅沢だし、始めはAndroidスマホでいいやんと正直思いました。

 

だけど、華のJK生活は人生でたった3年間の貴重な時間。

これまでに物欲なく育ってきた長女の希望を聞くことも大切かなと思ったのです。

 

購入するならSIMフリーiPhone

ぴぐみ家は毎月のスマホ通信費がとんでもなく安いです。

夫・ぴぐみ・長女のスマホ通信費3人分を合わせても月に6000円以下。

 

docomoやauなど大手携帯電話会社ではなく、格安SIMのマイネオを利用しています。

 

格安SIMマイネオとは

格安SIMとは大手キャリアよりも格安で利用できる通信サービスです。

 

mineo.jp

マイネオは格安SIMの中では有名な部類に入ると思っていますが、他にはLINEモバイルも有名ですよね。

 

ぴぐみ家は2年くらい前に家族バラバラだった携帯会社をマイネオに一本化しました。

ぴぐみがワイモバイル
長女が楽天モバイル
夫は以前からマイネオ

SIMフリーiPhoneとは

そんなmineoのSIMを引き続き使いたいので、SIMフリーiPhoneが必要なのです。

 

SIMフリーiPhoneはどこのSIMカードを挿しても使えます。

※例外があるかも知れませんので確認して下さい

 

SIMフリーiPhoneはこれまでAppleストアのみの販売でしたが、2019年11月から、ビックカメラとヨドバシカメラでも購入ができるように!!

 

SIMフリーiPhoneにマイネオのSIMは入る?

そして、ヨドバシの店舗にSIMフリーiPhoneを買いに行きました。

 

f:id:gonengomogenki:20200618115930j:plain

 

綺麗なイエローに一目惚れの長女。

ちょっと不安だったので店員さんに

「マイネオのSIMは入りますか?」とおバカな質問をしました(^^;)

 

「念のためマイネオで確認して下さい」

と保守的な返答だったので、隣のビルのmineoショップに行き確認してきました(^-^;

スポンサーリンク

 

 

AppleCare+盗難・紛失プランに加入する?

SIMフリーiPhoneにマイネオのSIMは入る事を確認しヨドバシへ。

 

そこで、選択を迫られました。

AppleCareと盗難・紛失プランに加入するかどうか

本体は8万円超えで高価なのに保証を付けると更に高価に(*_*)

だけど、中学の時と違い高校生は学校にスマホを持っていきます。

 

通学途中や学校で紛失する可能性も大いにあります。

高価な本体だからこそ、安心の保険は大切だと思い両方に加入しました。

 

f:id:gonengomogenki:20200618121448j:plain

 

この盗難・紛失プランに入っても万が一盗難や紛失をした場合、11,800円の免責金はかかりますが..

 

それでも購入して間もなく保険に加入せずに紛失したら、もう2度目の購入はないですからね(^^;)

スポンサーリンク

 

 

高校生が高価なiPhoneを持つ重み

実は長女と話し合って、iPhone代金の半額分をこれまでの長女の貯めたお年玉から出す約束なのです。

 

ぴぐみ家では親戚からのお年玉やお祝い金を、3人それぞれの通帳に入れてきました。

高校を卒業したら本人に渡して、自分の好きなように使うなり管理するなりすればいいと思って、その事も伝えてあります。

 

お正月に受け取ったお年玉はそれぞれ3人が必要な金額だけ手元に残し、貯金するというスタイルです。

毎月のお小遣いで賄いきれない欲しい物が出てきた場合に、その手元に取っておいた分を使います。

たくさん手元に取ってしまうと将来受け取る金額が少ない

小中高校生がお年玉で未来を考えるこの方法は、金融教育にもなるのでおすすめです。

ちなみにぴぐみ家の子供達のお小遣いはこちら👇

◆子供達の毎月のお小遣い◆ 長女 1000円
長男 1000円
次男  500円

 

高校生の長女が1000円は少ないですが、ずっと休校中だったから値上げするの忘れています(^^;)

 

それに、中学時代から部活が忙しすぎて、毎月のお小遣いが驚くほど貯まっているのです💧

弟達は休校前はハイペースで使っているので、殆ど手元にありません。

 

このような背景の中で長女は、今回購入するiPhoneの半分の金額を自分で出します。

 

初めは1万円安いiPhoneXRにしようか悩んでいましたが、結局iPhone11を選びました。

更に保証を付けたので102,960円です👛

 

長女は5万円の負担をしてiPhone11を購入したのだから、大切に扱うことでしょう(*^_^*)

スポンサーリンク

 

 

AppleCare+盗難・紛失プランにヨドバシポイント付与

ヨドバシの店員さんから

「iPhoneはヨドバシのポイントが付かないんですよ」

と説明を受けていました。

 

だけど、レジでヨドバシポイントカードの提示を求められたのです。

iPhone本体にはヨドバシポイントは付かない
AppleCare+盗難・紛失プランにクレジットカード払いだと8%のヨドバシポイントが付く

こんなからくりでした。

ラッキーだ!!

まさか保障にヨドバシポイントが8%も付くなんて!!

 

このポイントをケースとフィルム購入の足しにしました✌

f:id:gonengomogenki:20200618131506j:plain

スポンサーリンク

 

 

iPhone11を手にした長女

購入後、無事にmineoのSIMを挿入し機嫌よく使っております。

 

f:id:gonengomogenki:20200618131529j:plain

 

今週から本格的に登校が始まり部活の仮入部期間も始まりました。

もう既に高校のクラスのライングループに入りました。

 

中学の時はトラブル回避のため、部活のライングループ以外には入ってはだめという約束をしていましたが、高校生になってさすがにそれは厳しいなと思います。

 

節度あるスマホライフを送ってほしいと願います。

イラスト上手に憧れる

話は変わりますが、休校中にiPadでアプリを使ってイラストを描き始めた長女。

 

実はこの記事のアイキャッチ画像は、長女がアイビスペイントで顔とiPhoneを描き、制服はフリーイラストをダウンロードして合成しました。

f:id:gonengomogenki:20200618133209j:plain

f:id:gonengomogenki:20200612214126j:plain

 

よく見たら首元が違和感ありです(^^;)

 

長女は決して絵が上手な訳ではありませんが、アプリを使うと左右対照的に描ける線が出てきたり、他にも様々な機能があるようです。

 

棒人間しか描けないぴぐみは「へー」と横から見ているだけですが、今の若い子は吸収が早いですね。

今度LINEのアイコンのイラストを描くって言うてました(*^^*)

 

そんな長女は、はてなブロガーのSai.さん(id:sai-kurashi)のイラストのファンです。

ぴぐみは以前、Sai.さんにイラストを描いて頂いたのですが、それがきっかけで長女もファンになりました。

 

イラストの描き方の記事をいくつか見て、そのクオリティに驚いていました。

先日、LINEラインスタンプを描かれたSai.さん。

www.sai-kurashi.com

 

早速長女にSai.さんのスタンプを送ると..

「めっちゃあるやん!」と種類の多さと可愛さとクオリティにまたまた驚き(*^^*)

 

女子高生でもLINEスタンプを自作している子もいるかもですね..

スポンサーリンク

 

 

まとめ

以上、高校生にiPhone11は贅沢だけど、その重みを十分に理解させた上で購入した話でした。

 

高校生の本文である「勉強をするという事」をおろそかにせず、また友達付き合いやその他社会に出ていく為の勉強もしつつ、楽しくスマホと付き合いながら高校生活を送ってほしいと思います。

 

◆関連記事◆ 子供の教育費1人500万円×3人分を無理せずに貯める方法